カタログで内祝いを贈るタイミング

内祝いは1ヶ月以内を目安に贈る


受け取った相手が好きな商品を選べるカタログギフトは、内祝いの品物としても人気です。カタログギフトを贈るタイミングはほかの内祝いの品物と変わらず、入籍や出産などから1ヶ月以内を目安にするのが一般的です。カタログギフトの手配自体はそれほど時間がかかるものではありません。

しかし、カタログギフトによって価格帯や内容が異なるため、どのカタログにしようか選ぶ段階で悩んで時間がかかってしまうこともあるでしょう。また、ネットショップなどで手配した場合、手続き自体はすぐに終わっても、商品の出荷状況によって、送り先の手元に届くまで数日から長ければ10日ほどかかる場合もあります。あらかじめカタログの種類を大体選んでおき、できるだけ早めの時期に注文するなどの対応によって、よりスムーズに内祝いを準備できるでしょう。

遅れてしまった場合はおわび状を付けよう


事情によってはカタログギフトのタイミングが、目安の1ヶ月より遅れてしまうことも考えられます。例えば出産祝いをもらった場合、産後は昼夜問わず赤ちゃんのお世話に追われるため、短時間でも自由な時間を取るのが難しいということは十分考えられます。食事や睡眠の時間を削りながら赤ちゃんのペースで生活する疲労感でなかなか頭が回らず、内祝いの手配が思うように進まないということもあるでしょう。

やむを得ない事情があるときは、1ヶ月を超えたタイミングで内祝いを贈っても、マナー違反とまではなりません。ただし、その場合は落ち着いた時点でできる限りすみやかに手配を進めましょう。内祝いの品物に、遅れてしまった旨をお詫びするお詫び状を付けることをおすすめします。