個別に内祝いを贈る魅力

感謝の気持ちが自然と伝わる


相手の好みや家族構成をイメージしながら、喜んでもらえそうな内祝いを選ぶというのは、実はとても大変な作業です。想像力や共感力、情報収集能力や比較検討にかかる手間など、あらゆる労力を要します。 こういう選択が得意でない人からすれば、そんな大変なことをしてくれた相手に尊敬の念すら抱きます。得意な人であっても、その大変さを知っているからこそ、相手が抱く感謝の気持ちを感じ取れるのです。 そこに一筆添えてあったり、写真が同封されていたりすると、より気持ちは伝わりやすくなります。お祝いを贈った側は、相手が本当に喜んでくれたんだという喜びと安心感を得られるのです。お互いに笑顔になれるやり取りは、とても気持ちがいいものですね。

印象に残ることで関係が良好に


一律の商品や、先方が選べるカタログギフトをお贈りしたりするのは、一般的な方法です。贈る側は、無難な方法を取ることで安心感は得られるかもしれません。 しかし、自分が受け取る側になった時のことを想像してみてください。誰に何をいただいたか、覚えていられるでしょうか。どうしても、ありがちなものは印象に残りにくいものです。 その点、自分だけのために商品を選んでくれたとなると、親近感や好感度は否が応でも上がります。自分のことを大切に扱ってくれた相手は、自分も大切にしたいという気持ちが自然と湧いてきますよね。そうやって生じたプラスのループの積み重ねが、良好な人間関係となるのです。 お祝いを頂いて、その感謝の気持ちとして贈る内祝いですから、形だけのもので済ませてしまうのはもったいないものです。これからも良好な関係を築きたい相手なら、そのお顔を思い浮かべながら商品探しをしてみてはいかがでしょうか。