個別に内祝いを贈る時の値段

個別に内祝いを贈る場合は「半返し」が一般的


内祝いを贈る際、値段はいくらにすれば良いのか、相場感がわからず悩むこともあるでしょう。お祝いのお返しという意味合いで内祝いを贈る場合は、もらったお祝いの半額の金額のものを送る「半返し」が一般的です。例えば、お祝いで10,000円もらった場合は、半額の5,000円が内祝いの相場の値段ということになります。

ただし、父母など近親家族に高額のお祝いをもらった場合は、内祝いに気を遣わなくて良いと言われる場合もあります。そのときは必ずしも半返しにこだわる必要はないでしょう。無理のない金額で品物を準備すればOKです。また、上司など目上の人からのお祝いに半返しで内祝いを贈るのは失礼にあたります。お祝い金額の1/3など、半分より少ない値段の内祝いを準備しましょう。

連名でもらったお祝いに個別で内祝いを贈る場合は?


職場の同僚たちからのお祝いなど、連名でもらったお祝いに対しては、個別で内祝いを贈るのが基本的なマナーです。半返しとして考えると、もらったお祝いの半分の金額を連名の人数で割った金額が1人あたりの内祝いの金額ということになります。もし金額が小さい場合でも、ちょっとしたギフトを用意し、個別にお返しした方が丁寧です。ハンカチやタオル、おしゃれなお菓子など、高価でなくとも気の利いた品物は屋数在ります。なお、半返しより少し多めの金額にしても、マナー違反ではありません。場合によってはケースバイケースで判断することも必要です。マナーに沿った値段を考えるとともに、お祝いに対する感謝の気持ちを込めて贈りましょう。